近自然水路工法における水収支の変化 Effect of an Eco-friendly Rehabilitation of a Channel on the Water Balance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

富山県西部に位置する玄手川は、湧水の見られる農業用排水路であり、水生動植物が豊富である。江ザライ時の足場の安定化や水生動植物の保全のために水路底を平ブロックと枠ブロックとを交互に並べた近自然工法で施工し、川底のコンクリート率は約80%となった。しかし、玄手川の水は下流域において農業用水として使用されているため施工後も湧水が安定していることが望ましい。そこで、1995〜2002年にかけて路線水収支調査を100回行い、施工前、施工後の湧水の実態から、この近自然工法が湧水に影響を与えなかったことを明らかにした。

The Gente river, 3km in length and with a 5.1m-wide bottom, is a drainage channel for the farming area on either side of it. For rehabilitation of its weeds-rampant soil riverbed, an eco-friendly construction design was adopted for the dual benefit of facilitating waterweeds control and minimizing damage to aquatic life. Specifically, in constructions sectionally implemented over several consecutive years, 80% of its soil bottom was lined alternately with fiat blocks and cobble-filled blocks. The water flow of the Gente river is used for the irrigation at the paddies along the lower part of the river. Therefore even after the completion of the rehabilitation the effluent seepage into the channel should be kept just as before the rehabilitation. This study was aimed at tracking how the water balances fared after the rehabilitation of the channel. We conducted a seven-year survey of the water balances in a 624m-long middle reach M1〜M3 of the channel. The hundred times observation showed that this construction design did not give bad mischief on the water balances.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 16, 81-88, 2006-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004813447
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    8601090
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ