温暖化が河川の汚濁流出負荷量の変動特性に及ぼす影響 The Inflence of Global Warming on Characteristics of Loadings

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

積雪地方の富山県内を流下する代表的な2河川を対象に,温暖化が流量とSS流出負荷量,BOD流出負荷量の量的,時間的変動特性に及ぼす影響を検討した。その結果,神通川においては,ΔT=+3℃,ΔPr=+10%になるとSS流出負荷量,BOD流出負荷量はともに春期は減少し,冬季は増加した。また,SS流出負荷量,BOD流出負荷量は,流量Qの150≦Q<200(m^3/s)区分での流出が最大で,ともにそれぞれ年間負荷量の42.9%,47.5%となる。小矢部川においては,夏期のSS流出負荷量が年間流出負荷量の50%以上を占め,ΔT=+3℃,ΔPr=+10%になるとさらに増加することなどが明らかとなった。

To estimate the influence of global warming on the flow rate and loadings is important. In this research, SS loading and BOD loading of 2 typical rivers in snow district, Jinzu river and Oyabe river in Toyama prefecture, were studied. According to the flow rate repartition, frequency distribution of the loadings before and after global warming was estimated by runoff models and the influence of global warming on the quantitative and temporal change characteristics of them was examined.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 16, 89-94, 2006-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004813448
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    8601103
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ