幼児への歌唱指導についての一考察 : 自分から歌う時の声域(I.教育科学系) Consideration about song teaching to young children : How is the range of voice when young children sing from oneself?(I. Pedagogy)

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,幼稚園における幼児への歌唱指導の際に留意すべき,幼児の声域について調べ,指導について考察した。千葉大学教育学部附属幼稚園の年長児21名を対象に,自由な遊びの時間を利用して担任教師が調査を行った。調査では伴奏なしで「カエルの合唱」「園歌」「好きな歌」を歌ってもらい,様子をビデオに記録した。調査後,ビデオを再生して個々の歌を採譜し,その調性や音域について分析した。その結果,伴奏なしで歌った場面でも原譜に比べて調の変動はそれほど大きくなかった。また,声域は多くの子が6度から8度位の幅で歌っていたが,「園歌」では21人の中で最低音と最高音が2オクターブ以上あり,個人差が大きいことが伺えた。幼稚園での歌唱指導の際には,教師が確かな音程で歌うことや,幼児の自分なりの表現を大切に育てること,幼児の声域の個人差を理解して指導していくことなどの重要性が示された。指導法や教材の研究を引き続き行っていくことが必要である。

We examined the range of voice when young children sang songs in a kindergarten. Twenty one children participated in the session and sang three songs, "A CHORUS OF FROG", "The Kindergarten's Song" and their favorite song without accompaniment. They were recorded on videotape, and then we took them down music sheets. The results have shown that children can sing approximately right in range of voice and tonality in those songs. They intend to revise a tonality to match the sound they gave. It shows that children have a sensitivity to listen tonality from the music. However, there is an individual difference of a range of voice indicates widely. We have to be careful at the time of music activities especially sing songs in a kindergarten. It suggests that importance of teaching items that is selected appropriately, and teaching with consideration for individual difference.

収録刊行物

  • 千葉大学教育学部研究紀要

    千葉大学教育学部研究紀要 54, 63-68, 2006-02-28

    千葉大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004813530
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11868267
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13482084
  • NDL 記事登録ID
    8655306
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-372
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ