駅構内カメラを用いた位置検知とコンテキストアウェアリングによる情報配信システムの実現 An Information Dissemination System with Context Awaring by Using Monitoring Camera

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,駅構内に設置された監視カメラをセンシングデバイスとして活用し,既に駅構内に存在しているデバイス(監視カメラ)によるコンテキストアウェアリングと,データベースから利用者への情報配信の実現方式を示す.本システムの特徴は,これまでセキュリティ用途のみに利用されてきた監視カメラを,ナビゲーションなどの多様なアプリケーションを提供するデバイスとして活用し,さらに,本システム上にコンテキストアウェアアプリケーションとしての情報配信を実現する点にある.ここでは,利用者は赤外線を発信する携帯端末を持ち,その赤外線信号を構内カメラが認識し,利用者の位置情報,移動方向を抽出する.抽出された利用者の情報とコンテンツの関連性を動的に計量することによって,利用者の状況に応じたコンテンツを生成・発信する.鉄道利用シーンにおけるナビゲーションコンテンツの提供を対象とした実験結果を示し,本システムの実現可能性について検証を行う.

In this paper, we present an information dissemination method with context awaring by using monitoring cameras in station environments. The feature of this method is to utilize legacy monitoring cameras for detecting user's location and direction. Moreover, this method enables to construct information dissemination systems with context awaring. Monitoring cameras recognize infrared ray emitted from a user's mobile information terminal and detect the user's context by image processing. The user can receive relevant navigation contents depending on his/her context. This paper shows implementation of an experimental system to verify feasibility in railway scenes.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 106(149), 191-196, 2006-07-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004833190
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8017468
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ