近年の日本発データ通信技術における成功事例 Prosperous Data Communication Technologies Originated by Japan for the Last Decade

この論文をさがす

著者

    • 浅見 徹 ASAMI Tohru
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, University of Tokyo

抄録

通信技術のサービス開発は近年急速に進められており,その結果,広く流布している技術に,必ずしも学会やITUのような標準化機関での検討を経ずに商用化されたものが出てきたのも,近年の特徴である.ここでは,その中から2つのデファクト技術,Ether over Etherと3GPP2におけるMobile IPを取り上げ,その仕様とサービス状況について概括することにする.前者は,日本において特に商用化が進んでいる広域イーサネットサービスの要の技術であり,後者はNGN(Next Generation Network)やFMC(Fixed Mobile Convergence)といった次世代技術を論ずる際の要となる技術でもある.

The rapid development of new communication services in these days has put technologies into the markets before investigations or researches in academic societies or in standard bodies like ITU. Among them, this paper picks up two de-facto technologies, Ether over Ether and Mobile IP, and introduces their specifications and services. The former is the key technology for wide-area Ethernet services widely deployed especially in Japan, while the latter for next-generation technologies such as NGN (Next Generation Network) or FMC (Fixed Mobile Convergence).

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 106(151), 25-30, 2006-07-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004833231
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8016727
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ