Supertagging と CFG-filtering によるHPSG構文解析の高速化 Fast HPSG Parsing with Supertagging and CFG-filtering

この論文をさがす

著者

抄録

効率的なHPSG構文解析の手法を提案する.近年の研究により,supertaggingと呼ばれる技法が語彙化文法を用いた構文解析の高速化および高精度化に対して有効であることが示された.本稿では,supertaggingの結果から解析不能な語彙項目列を除去することにより,さらなる高速化が可能であることを示す.実験結果から,提案手法は既存手法に比べ約10倍高速(16ms/文)であり,ほぼ同程度の精度をもつことが明らかになった.

A fast parsing technique for HPSG is presented. Recent research on lexicalized grammar parsing have shown that a technique called supertagging improves both the parsing speed and the accuracy. We show that further speed-up is possible by eliminating non-parsable lexical entry sequences from the output of the result of supertagging. Experimental results show that our system gives comparable accuracy with a speed-up by a factor of ten (16 msec/sentence) compared to the best published result using the same grammar.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 106(299), 9-14, 2006-10-13

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004851877
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8538536
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ