Web2.0時代の図書館-Blog, RSS, SNS, CGM(<特集>図書館とWeb2.0) Libraries in the age of "Web2.0"-Blog, RSS, SNS and COM(<Special feature>Web2.0 and library)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

図書館関係者向けに行った講演をベースに,図書館がWeb2.0に対応するためにとるべき方策を論じる。前半部ではWeb2.0とは何か,という問いをBlogやRSS, SNSの具体例を紹介しながら論じ,Web2.0における重要概念であるCGMの意義を述べる。後半部では,図書館は依然としてWeb2.0以前の段階にあり,Web2.0に対応していくには,利用者を巻き込んだサービス像の転換が必要であることを指摘する。その上で一例として貸出記録を活用することで,オンライン書店Amazonに比肩する図書館サービスの実現可能性を示唆し,そのために図書館が乗り越えるべき課題を指摘する。

This article discusses how libraries should make their policy and tactics in the age of "Web2.0". Part I focuses on "What is Web2.0?" with examples of Blog, RSS and SNS. Part II points out library service should be shifted into user participation model. Finally, it shows possibility for libraries to offer library service on web as seen on Amazon.com.

収録刊行物

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004857462
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    8517616
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ