つながりの不安と携帯メール(<特集>対人関係の光と影-「絆」の形成、拒絶、そして崩壊の社会心理学的研究-) Connecting with anxiety via text messages(Sunnyside and darkside of social bond)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、中村[2003]の先行研究によって明らかになった携帯メールと孤独不安の関連について、さらなる検討・考察を加える。2004年の予備調査および2005年の大学生調査の分析結果からは、携帯メールの利用頻度と孤独不安とが正の相関を示すことが確認され、また、携帯メール利用と孤独不安が互いに互いを高めるような螺旋状の増幅過程の存する可能性が示唆された。宮台[2005]はこうした「悪循環」の過程の背後には対人不信が潜んでいると論じているが、2003年の全国調査のデータを再分析した結果からは、孤独不安と一般的信頼尺度はむしろ正の相関関係にあることが認められた。山岸[1998]の信頼に関する議論にしたがえば、この結果は、関係性の流動化による社会的不確実状況への適応として、関係性への敏感さが求められつつ、そのことがまた関係性の不安の感じやすさにつながっているものと解釈できる。

Nakamura (2003) found a correlation between the use of text messages and the anxiety of loneliness. This paper reexamines and develops Nakamura's findings. Questionnaire surveys of university students were conducted in 2004 and 2005, and the results confirm a positive correlation between frequencies of using text messages and anxiety of loneliness. Furthermore it is suggested that there is a spiral process in which usage of text messages and anxiety of loneliness amplify each other. Miyadai (2005) regards such a process as a "vicious" spiral caused by interpersonal distrust. However, reanalysis of national survey data in 2003 shows that general trust correlates positively with anxiety of loneliness. According to the theory of general trust proposed by Yamagishi (1998) this correlation means that greater social mobility enhances both sensitivity and anxiety about interpersonal relationships.

収録刊行物

  • 関西大学社会学部紀要

    関西大学社会学部紀要 37(2), 43-52, 2006-03-25

    関西大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006155295
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00046982
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    02876817
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ