青年期心性としての自己関係づけ Self-Reference Tendency in Adolescents

この論文をさがす

著者

    • 金子 一史 KANEKO HITOSHI
    • 名古屋大学大学院教育発達科学研究科 GRADUATE SCHOOL OF EDUCATION AND HUMAN DEVELOPMENT, NAGOYA UNIVERSITY

抄録

本研究の目的は,一般青年に見られる被害妄想的な思考を自己関係づけとしてとらえて,青年期心性の観点から検討することである。研究1では自己関係づけ尺度を作成し,妥当性と信頼性の検討を行った。被調査者は大学生212名(男子94名,女子116名,不明2名)であった。その結果,12項目からなる1因子構造の自己関係づけ尺度が作成され,信頼性及び妥当性がおおむね確認された。研究2では,自己関係づけを発達的視点から検討した。自己関係づけ,他者意識,自尊心,個人志向性・社会志向性からなる質問紙が高校生465名(男子237名,女子224名,不明4名)と大学生205名(男子85名,女子117名,不明3名)に実施された。その結果,高校生に比べて大学生が自己関係づけ傾向の高いことが示された。重回帰分析の結果から,高校生は男女ともに自己関係づけに他者意識と個人志向性が関連しているのに対して,大学生になると,男子は他者意識に加えて自尊心が自己関係づけと関わりをもち,男女によって自己関係づけへの関係のあり方に異なる傾向が見られた。自己関係づけについては,他者に対する関心の表われであることが示唆された。

The present study examined paranoid-like ideation from the perspective of self-reference in adolescence. In the first study, a scale was constructed to assess self-reference tendency in university students. Undergraduates (94 men, 116 women, and 2 unknown) completed a questionnaire. The scale, consisting of 12 items, was constructed, and reliability and construct validity were investigated. A single factor accounted for a substantial portion of the variance in the scale. In the second study, 465 high school students (237 males, 224 females, and 4 unknown) and 206 undergraduates (85 males, 117 females, and 3 unknown) completed questionnaires including scales measuring self-reference tendency, other-consciousness, individual and social orientation (Ito, 1993), and self-esteem. The undergraduates scored higher than the high school students on self-reference tendency. Regression analysis showed that the tendency to self-reference was related to other-consciousness and self-esteem in male undergraduates, whereas it was related to other-consciousness and individual orientation in high school students and female undergraduates. These results indicate that people report feeling paranoid-like ideation more in late adolescence than in early adolescence. It was suggested that the tendency to self-reference could be an expression of concern about others.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 48(4), 473-480, 2000-12

    日本教育心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006162406
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    5645740
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ