授業支援システムの開発におけるシステム開発手法 System Development Method of a Class Support System

この論文をさがす

著者

抄録

比較的開発に成功したといえる"授業支援システム"の開発におけるシステム開発手法について検討した.(1)実験的試みが許される,(2)契約を重視しなくても良いという特徴を持つ大学における環境において,(1)特性が良く解明されていない,(2)環境の変化が激しい分野である授業支援システムの開発を行った.検討の結果,このシステム開発では(1)プロトタイピングの利用,(2)進化型モデルの利用,(3)実運用を伴う評価,(4)具体的データに基づく評価,(5)利用者参加型開発,(6)抜け道付入力妥当性検査の併用などが有効に機能したと考えられる.プロジェクト管理重視ではなく,要求中心型の開発が行われた.

The authors examined the development process of a Class Support System whose development succeeded comparatively. Target field of the system is 1) not extensively studied yet, and 2) the environment varies greatly. In the development environment, 1) experimental trials are permitted, and 2) there is no need to draft a contract. In that situation, the authors observed characteristics of the development as follows: 1) the use of prototyping, 2) the use of an evolutionary model, 3) evaluation with actual operation, 4) evaluation based on concrete data, 5) development with the user, and, 6) the use of input validation checks combined with shortcuts.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OIS, オフィスインフォメーションシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. OIS, オフィスインフォメーションシステム 106(464), 31-36, 2007-01-12

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006201627
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11651720
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8637514
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ