素子間結合を有する逆Fアンテナアレーの構成と等価ウェイト Configuration of Inverted-F Antenna Array with Mutual Coupling and Its Equivalent Weight

この論文をさがす

著者

抄録

システム間SDM用の端末搭載小型アンテナとして,新たに指向性の可変できる逆Fアンテナアレーの構成を提案し,等価ウェイトの導出を行った.本アンテナ構造の特徴として,2つの給電素子と可変リアクタが装荷された2つのパラサイト素子と合わせて4素子の逆Fアンテナから構成する.本構成によれば,少素子構成による小面積化,逆Fアンテナによる低姿勢化が実現できる.さらに,八木・宇田アンテナとフェーズドアレーアンテナの両方の特徴を併せ持つため,水平面内でビーム・ヌル形成可能な高いビーム形成能力が期待できる.また,等価ウェイトの導出ではアレー構成素子が逆Fアンテナであることを考慮し,給電回路及び可変リアクタを流れる電流値のみならず,逆Fアンテナのショートピンに流れる電流値も等価ウェイトの要素として組み入れた.最後に,等価ウェイトによる指向性の計算結果とモーメント法で得られた結果を比較し,有効性を検証している.

This paper proposes a new configuration of the inverted-F antenna (IFA) array for user terminals in "system-to-system SDM (Space Division Multiplexing)." The antenna array consists of two active IFA elements and two passive IFA elements loading variable reactors, thereby realizing a low-profile antenna array within a small space. It is expected that the antenna possesses a high ability to form a beam and/or null at any direction in the horizontal plane, since it behaves as both a Yagi-Uda antenna and a phased array antenna. Also, we introduce here an equivalent weight for the antenna, of which the vector is composed of not only port currents at the feed circuits and variable reactors but also those at short pins of IFA elements. Finally, the validity of the equivalent weight and the antenna configuration is verified by comparison of the calculated directivity between the equivalent weight and the method-of-moments analysis.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播 106(491), 37-42, 2007-01-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006202615
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060764
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8640320
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ