マイクロコンピュータを用いた単発音入力インターフェースの開発 An Acoustic Interface Based on an Isolated Non-speech Sound Using a Microcomputer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

音声認識技術を用いれば、道具を持たずに機械へ命令をすることができる。しかし音声は発話の仕方による変動が比較的大きく、認識処理のために高性能な計算機が必要である。そこで変動が少ない単発音を対象にした、マイクロコンピュータによる安価で小型の入力インターフェースを開発する。本研究では親指の付け根を中指で弾く音に注目して、登録した音のみに反応する家電製品の電源スイッチを試作した。Speech interfaces enable hands-free remote control without looking at or touching the equipment. However, a relatively large amount of computation for speech signal processing requires high-performance devices. This paper presents an acoustic interface using a low-cost microcomputer for detecting an isolated non-speech sound. We developed a prototype power switch for home electric appliances, which was turned on or off only by finger snap sounds that were matched to the stored template pattern.

Speech interfaces enable hands-free remote control without looking at or touching the equipment. However, a relatively large amount of computation for speech signal processing requires high-performance devices. This paper presents an acoustic interface using a low-cost microcomputer for detecting an isolated non-speech sound. We developed a prototype power switch for home electric appliances, which was turned on or off only by finger snap sounds that were matched to the stored template pattern.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

    情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2007(11(2007-HI-122)), 1-4, 2007-02-09

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006223676
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1221543X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ