自己暗号化法による分散ストレージシステムの検討 A Self-Encryption Based Distributed Storage System

この論文をさがす

著者

抄録

携帯電話やPHSに代表されるモバイル端末に重要な情報資産が保存される機会が多くなり,端末の紛失・盗難に備えるセキュリティが必要不可欠なものになりつつある.しかし,情報保護に対して現在考案されている手法は多くが従来の固定端末向けセキュリティの転用のため,モバイル端末に対するユーザのニーズを満足するものにはなっていない.そこで我々はモバイル端末の特徴を踏まえ,端末とサーバなどのリモートストレージに情報を分散配置する構成を設計し,この構成条件に適した「自己暗号化法」を提案した.本稿では,自己暗号化法の安全性についての考察と,自己暗号化法と既存暗号化アルゴリズムとの処理負荷比較を行う.

People have had more oppotunities to preserve important information properties in mobile handsets, such as the cellular phone and PHS. The security for mobile handsets have been essential in cases of the loss and the theft of them. However, the technologies for the information protection now does not satisfy user's needs for mobile handsets. In this paper, we designed the composition in which information was distributed in the mobile handsets storage and the remote storage, such as network servers and proposed "Self-Encryption method" satisfying the necessary conditions based on the features of mobile handsets. Then, we consider the safety of Self-encryption method and compare the processing load of the Self-encryption method with ones of the existing encryption algorithms.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 106(578), 351-356, 2007-03-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006248600
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8709313
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ