パターンマッチングにおける特徴量の非同期化の影響 : オンライン文字認識を例として Desynchronization of Features on Pattern Matching

この論文をさがす

著者

    • 内田 誠一 UCHIDA Seiichi
    • 九州大学大学院システム情報科学研究院 Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University
    • 迫江 博昭 SAKOE Hiroaki
    • 九州大学大学院システム情報科学研究院 Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University

抄録

オンライン文字認識では,パターンマッチングが広く用いられる.従来この方式では,各時刻における特徴量は,一括してベクトル表現され同期してマッチングされる.本発表では各時刻の特徴量を非同期化させながら,マッチングを行うことで起こりえる影響について考察する.また従来のDPマッチングアルゴリズムを拡張し,非同期型DPマッチングを扱えるようにしたものを提案する.実験の結果,局所的に非同期性を導入することで従来の同期型マッチングよりも高い認識率を得ることができた.

Desynchronization of feature sequences and its effect in online character recognition based on elastic matching are investigated. The investigation has provided the following results. First, desynchronized use of features (e.g., x-coordinate and y-coordinate) realizes the wide-range shape adaptation between character patterns. Second, local desynchronization is quite useful to improve the recognition accuracy.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 106(606), 37-42, 2007-03-09

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006248962
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8707281
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ