ARM7TDMIボードへのLinux Kernel 2.6.14の移植と'性能評価 Porting and Performance Evaluation of Linux Kernel 2.6.14 to ARM7TDMI

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 金子 雄 KANEKO Yu
    • 株式会社 東芝 研究開発センター 通信プラットホームラボラトリー Communication Platform Laboratory, Corporate Research & Development Center, TOSHIBA Corp.
    • 石山 政浩 ISHIYAMA Masahiro
    • 株式会社 東芝 研究開発センター 通信プラットホームラボラトリー Communication Platform Laboratory, Corporate Research & Development Center, TOSHIBA Corp.

抄録

近年,ピル内の制御ネットワークにおいてIPノードの低コスト化が求められている.また,ノード数の増加や外部ネットワークとの接続性,通信の安全性を考慮すると,IPノードはIPv6やIPsecの機能を備えるべきである.以上の要件をふまえ,我々はARM7TDMIをCPUコアとする計算機へLinuxカーネル2.6を移植し,性能を評価した.評価の結果,ARM7TDMIは制御ネットワークにおけるIPノードに要求される性能を満たすことがわかった.The high cost of IP nodes is a problem for popularizing IP-based building automation. IPv6 and IPsec, meanwhile, are necessary for IP nodes to guarantee network security, network band and system scalability. In this papar, we port Linux kernel 2.6 to ARM7TDMI and evaluate the performance. As a result, the performance of ARM7TDMI meets the requirements of an IP node in building automation.

The high cost of IP nodes is a problem for popularizing IP-based building automation. IPv6 and IPsec, meanwhile, are necessary for IP nodes to guarantee network security, network band and system scalability. In this papar, we port Linux kernel 2.6 to ARM7TDMI and evaluate the performance. As a result, the performance of ARM7TDMI meets the requirements of an IP node in building automation.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告システムLSI設計技術(SLDM)

    情報処理学会研究報告システムLSI設計技術(SLDM) 2007(27(2007-SLDM-129)), 77-82, 2007-03-16

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006250242
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11451459
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    8707654
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ