声門開放時の声道共鳴特性 Vocal tract resonance under open-glottis condition

この論文をさがす

著者

抄録

日本語5母音の声道断面積関数を用いて,声門インピーダンスを考慮することにより,声門開放が伝達関数に及ぼす影響を解析した.声門が開放すると声道共鳴は開管共鳴に近づくため,第1フォルマントは上昇する.喉頭腔共鳴の周波数が上昇しながら弱まるため,喉頭腔共鳴の誘導する第4フォルマントは周波数が上昇しながら減衰して消失する.その他のフォルマントでは,体積速度の節が喉頭腔と咽頭腔の境界に現れるため,声道共鳴は喉頭腔を除いた声道の閉管共鳴で近似できる.

Using area functions of the five Japanese vowels, glottal opening effects on the transfer function were examined by introducing a glottal impedance. Because the vocal tract resonance approached an open-tube resonance under the open-glotis condition, the first formant frequency increased. The fourth formant induced by the laryngeal cavity was shifted to a higher frequency and damped until it disappeared, because the laryngeal cavity resonance increased in frequency and attenuated. At the other formants, a node of volume velocity appeared at the junction between the laryngeal and pharyngeal cavities, and the vocal tract resonance could therefore be approximated by a closed-tube resonance of the vocal tract excluding the laryngeal cavity.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 106(613), 31-36, 2007-03-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006250629
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8705363
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ