広帯域位相の時間変化を利用する白色雑音と位相雑音の低減化 Reduction of the white noise and phase noise using time change of a broadband phase

この論文をさがす

抄録

広帯域位相の時間変化を利用する白色雑音と位相雑音の低減化方法を提案する。この雑音低減化方法では近接帯域間の位相の関係を用いて信号と雑音の分離を行う。音叉による共鳴音、リコーダーによる楽音、エンジン音のそれぞれに対して実験を行ったので報告する。

The reduction method of white noise and phase noise of using time change of a broadband phase is proposesd. By this noise reduction method, separation of a signal and noise is performed using the relation of the phase between proximity band. Since it experimented to each of resonance sound with a tuning fork, musical tone with a recorder, and engine sound, it reports.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 107(26), 29-32, 2007-04-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006272715
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8723874
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ