カーボンナノチューブの量子化熱伝導度 Quantum Heat Transport in Carbon Nanotubes

この論文をさがす

著者

抄録

ナノスケール物質での熱伝導はバルク物質では起こり得ない特異な量子的振舞いを示す.カーボンナノチューブはその熱特性から応用上重要な物質であると同時に,新奇な量子熱輸送現象を探求するための格好の舞台でもある.本稿では,ナノチューブの熱伝導が示す普遍的な量子化現象と欠陥・不純物などの外的要因が熱輸送に与える影響について解説する.

Heat transport in nanoscale materials shows unique quantum behaviors unexpected from bulk materials. Carbon nanotube is not only a potential candidate for device application due to its excellent thermal properties, but also is one of the growing research fields for exploring novel features of quantum heat transport. We review the universal quantization phenomena of thermal conductance in carbon nanotubes and the influence of defects and impurities on heat transport in carbon nanotubes.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌

    日本物理學會誌 62(5), 355-359, 2007-05-05

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006273488
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    8723537
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ