「はやぶさ」探査機とそのミッション Hayabusa, World's First Sample & Return Attempt

この論文をさがす

著者

抄録

第20号科学衛星「はやぶさ」は,世界初の惑星圏天体からの試料採取とその帰還をめざした,我が国独自の惑星探査機である.「はやぶさ」は,2003年に打ち上げられてからイオンエンジンで航行し,昨年9月に小惑星イトカワに到着し,近傍に滞在した3ヶ月間の間に,近傍での詳細な科学観測を行うとともに,11月にはイトカワ表面に降下・着陸させその試料の採取を2回にわたって試みた.着陸域は非常に狭い範囲に限定されていたにも関わらず,「はやぶさ」は,プロジェクトチームの創意工夫によって,2回にわたる着陸に成功した.本報告は,「はやぶさ」探査機によって行われた飛行と観測,そして着陸にいたる記録である.

収録刊行物

  • プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research

    プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research 82(4), 215-225, 2006-04-25

    プラズマ・核融合学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    Proceedings of Asteroid Sample and Return Workshop, June 29, 1985, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAWAGUCHI J.

    Scientific Satellites Prospect, 1986

    被引用文献1件

  • LAUNCH READINESS OF THE MUSES-C, A SAMPLE AND RETURN FROM AN ASTEROID

    KAWAGUCHI J.

    53rd International Astronautical Congress, 10-19 Oct., Houston, TX, 2002, 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAASALAINEN M.

    CCD photometry and model of MUSES-C target (25143) 1998 SF36, 2003

    被引用文献1件

  • MUSES-C LAUNCH AND EARLY OPERATIONSREPORT

    KAWAGUCHI J.

    AAS/AIAA Astrodynamics Specialists Conference, Big Sky Resort, Big Sky, Montana, August 3-7, 2003, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAWAGUCHI J.

    The Ion Engines Cruise Operation and the Earth Swingby of 'Hayabusa' (MUSES-C), Oct. 4-8, 2004, Vancouver, Canada, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAWAGUCHI J.

    HAYABUSA (MUSES-C)-RENDEZVOUS AND PROXIMITY OPERATION, Oct. 16-21, 2005, Fukuoka, Japan, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAWAGUCHI J.

    GUIDANCE AND NAVIGATION OPERATION FOR REHEARSALS AND TOUCHDOWNS IN HAYABUSA, Jan. 23-26, Palm Harbor, Florida

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006282057
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10401672
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09187928
  • NDL 記事登録ID
    7948505
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-8
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ