運動野脳活動と支配筋の関連およびその運動経歴による差 Correlated activities between primary motor cortex and skeletal muscles and their changes by sports experiences

この論文をさがす

著者

抄録

随意収縮中の運動野近傍から導出した脳波とその支配筋の筋電図の間でコヒーレンスが観察され,コヒーレンス関数を用いると脳活動と筋活動の相関を定量評価できる.健常者の脳波-筋電図コヒーレンス値は個人差が大きく,その要因は明らかになっていない.本研究では若年層健常者102名における脳波-筋電図コヒーレンスの傾向を検討した.その結果,67名が有意なコヒーレンス値を示した.先行研究においてコヒーレンス値と発揮張力の変動の間に正の相関があることが報告されていることから,運動経験を持つ被験者群と持たない被験者群の間でコヒーレンス値を比較した.その結果.運動経験を持たない群は運動経験を持つ群に比べ,コヒーレンス値が有意に低かった.以上の結果から,運動経験はコヒーレンス値を低下させ,より発揮張力の安定性をもたらすものと考えられた.

Electroencephalogram (EEG) recorded from the primary motor cortex is coherent with the contralateral electromyogram (EMG) of a contracted skeletal muscle, and coherence analysis can evaluate such linear correlation quantitatively. Magnitudes of EEG-EMG coherence vary among the healthy subjects, and it remains unclear what neuronal factors are possible modulators. therefore in this study, we recorded EEG-EMG coherence during isometric ankle plantarflexion form a total of 102 healthy young subjects. As aresult, 67 subjects showed statistically significant magnitudes of coherency (0.1 - 0.8). It is known that coherency is negatively correlated with steadiness in isometric force, so we next compared EEG-EMG coherence between the subjects with or without sports experiences. The result showed significant decrease of coherency in the subjects with sports experience. We concluded that EEG-EMG coherence decreases with sports experiences in order to archive precise motor control, whereas non-skilled healthy subjects showed various level of EEG-EMG coherency as an innate nature.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 107(50), 15-18, 2007-05-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006291376
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8763873
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ