聴覚実験用イヤホンの諸特性 Physical Characteristics of Earphones for Psychoacoustic Experiments

この論文をさがす

著者

抄録

聴覚実験に用いるイヤホンのいくつかの物理特性を明らかにすることを目的として、5種類のイヤホンと2種類のヘッドンホンのIEC711カップラレスポンス、実耳レスポンス、高調波歪特性、音響遮音特性、音響クロストーク特性を測定し、比較した。その結果、IEC711カップラレスポンスと実耳レスポンスが大きく異なるイヤホンがあること、多くのイヤホンの音響遮音特性は最大でも-20dB程度、高調波歪特性は-40dB以下、音響クロストーク特性は10kHz以下の帯域では-40dB以下であることが分かった.

The IEC 711 coupler response, actual-ear response, harmonic distortion, sound attenuation and acoustic crosstalk characteristics of 5 models of earphones and 2 models of headphones are measured and compared. The results indicated that the ICE 711 coupler responses are not identical to actual-ear responses in some models, sound attenuation level is -20dB at maximum, acoustic crosstalk are less than -40dB below 10kHz, and THD is -40dB in most earphones.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 107(165), 25-30, 2007-07-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006380741
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8844504
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ