非周期的な画素配置を持つCMOSイメージセンサの基礎検討(アナログ・デジアナ・センサ,通信用LSI)  [in Japanese] A Study on CMOS Image Sensor with Nonperiodic Pixel Placement  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

撮像素子やディスプレイなどの画像システムを構成する画素は、通常は正方などの格子状に配置される。しかしこのような画像システムの映像は、最終的に鑑賞されるわれわれの目には、ギザを伴って映る。この問題の解決のために、従来は高解像度化やスムージングなどの手法がとられてきたが、特に傾きの小さい斜め線のギザは、複数の画素から構成されるためにわれわれの目には知覚されやすく、映像の高精細化を阻む要因となる。本稿では、画素の配置を周期的でない、ビット逆転に基づいた配置とすることでこの問題を解決する方法を提案し、ギザの特性について従来の正方格子状の配置と比較する。なお、従来の格子状の画像データは、垂直・水平方向の伸縮を施した場合、サンプリング点に縞状の疎密ができるが、本方式では垂直・水平方向の伸縮において疎密の変化が小さいという特長もある。

The pixels in image sensors and displays are placed at lattice positions. The images handled by these devices are finally 'seen' by our eyes, which perceive the jaggy at the edge. Conventional approaches for this problem, such as increasing resolution and smoothing, cannot completely solve this problem, which is a critical factor for more clear images, since the jaggies are composed of a pair of certain pixels. In this paper, we propose an idea for this problem using the nonperiodic pixel placement which based on bit reversal, and compare the characteristic of jaggy with traditional square lattice pixel placement. This new pixel placement can also eliminate striped nonuniform distribution which occurs with stretch vertically or holizontally.

Journal

  • Technical report of IEICE. ICD  

    Technical report of IEICE. ICD 107(163), 165-170, 2007-07-19 

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006380829
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013276
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    8845574
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL 
Page Top