ナノスコピックプラズマプロセスによるバイオデバイス構築 Construction of Bio-Devices Based on Nanoscopic Plasma Processes

この論文をさがす

著者

抄録

近年における"ナノテクノロジー"および"バイオテクノロジー"の進歩には著しいものがあり,原子・分子単位の制御を基本とした新体系が構築されつつある.特に次世代バイオデバイスとして注目されているμTASやLab-on-a-chip等のバイオマイクロシステムおよび生体埋め込み・融合型マン・マシーンインターフェースの実現には,ナノテクノロジー・バイオテクノロジー・メディカルサイエンスを横断する学際性・多面性を有する分野の開拓,すなわち工学-医学の連携・融合が必須条件である.ここでは,物理的制御性のみならず化学反応性にも優れているプラズマ理工学的手法を駆使した先端研究の一例として,電解質プラズフを利用したDNA内包カーボンナノチューブの創製,カーボンナノチューブを用いたバイオナノセンサ(ビタミン-タンパク質および抗原-抗体センサ)の開発,生体脳-機械インターフェース(Brain-Machine Interface, BMI)に着目した末梢神経埋め込み用電極の開発,走査型マイクロプラズマジェット装置を用いたバイオデバイス作製に関する研究成果の事例について紹介する.

収録刊行物

  • プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research

    プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research 83(8), 647-657, 2007-08-25

    プラズマ・核融合学会

参考文献:  34件中 1-34件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006381231
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10401672
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09187928
  • NDL 記事登録ID
    8929708
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-8
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ