ネットワークプロセッサを用いたMPLSラベルスイッチングルータの実装 MPLS label switching router implementation enhanced with Network Processor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 林音 WATANABE Rinne
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 宇多 仁 UDA Satoshi
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 小柏 伸夫 [他] OGASHIWA Nobuo
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 宇夫陽次郎 UO Yojiro
    • (株)インターネットイニシアティブ技術研究所 Research Laboratory, Internet Initiative Japan Inc.
    • 篠田 陽一 SHINODA Yoichi
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学センター Center for Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology

抄録

ソフトウェアルータは柔軟性が高く機能の拡張が容易である一方で,ルータとしての性能は専用ルータと比較して非常に低く,適用可能な範囲が限定される場合が多い.専用ルータとの性能格差を低減する技術の1つとしてネットワーク処理に特化したプロセッサ(NP)の開発および利用が注目されている.既存のネットワークスタックの一部機能を外部NPで処理させることで,ソフトウェアルータの柔軟性を損なわずにシステム全体の高速化が可能である.本稿では,汎用PC上で動作するソフトウェアMPLSルータとして設計実装されたAYAMEに対して,Intel社のネットワークプロセッサIXP1200を外部に接続したハイブリッドシステムを用いた,ソフトウェアルータの高速化の設計と実装を述べる.The type of software router has very high flexibility and functional extensibility, whereas it has much lower performance and less wide application than the exclusive hardware router in many case. Development and utilization of the processor optimized for the network processing (NP) has attracted much attention as one of techniques to decrease a performance gap between software and hardware routers. When outside NP module handle a part of existing network stack functions, whole system can be made faster without little damage to the flexibility of software implementations. This paper discusses about the design and implementation of the hybrid router with the IXP1200 intel network processor on generic PC to improve the forwarding performance of the AYANE software MPLS router.

The type of software router has very high flexibility and functional extensibility, whereas it has much lower performance and less wide application than the exclusive hardware router in many case. Development and utilization of the processor optimized for the network processing (NP) has attracted much attention as one of techniques to decrease a performance gap between software and hardware routers. When outside NP module handle a part of existing network stack functions, whole system can be made faster without little damage to the flexibility of software implementations. This paper discusses about the design and implementation of the hybrid router with the IXP1200 intel network processor on generic PC to improve the forwarding performance of the AYAME software MPLS router.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)

    情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT) 2003(50(2003-QAI-007)), 71-76, 2003-05-21

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006381356
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12326962
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    6615492
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ