事象関連脳電位による実務虚偽検出検査におけるカードテストの有用性 Usefulness of a card test in the field practice of detecting deception by using event-related brain potential (ERP)

この論文をさがす

著者

    • 平 伸二 HIRA Shinji
    • 東亜大学総合人間・文化学部人間学研究室 Division of the Philosophical Anthropology, Faculty of Integrated Cultures and Humanities, University of East Asia

抄録

本実験の目的は、事象関連脳電位(ERP)による実務の虚偽検出検査の前に、いわゆる予備検査としてのカードテストを導入することの有用性を検討することであった。11名の被験者(年齢範囲21歳から42歳)は、3枚のカードの中から1枚を選ぶように求められ、さらに選んだカードは検査者に明らかにしないように教示された。検査段階ではP300を検出するたあの典型的なoddballパラダイムが使用され、標的刺激として被験者が選択したカードが呈示比率20%で呈示され、また非標的刺激として他の4枚の異なったカードが呈示比率80%で呈示された。さらに被験者は、検査中にディスプレイ上に呈示される標的刺激の数を数えるように教示された。脳波はFz、Cz、およびPzの3部位から導出された。標的刺激は非標的刺激よりも有意に大きなP300を誘発した(p<.001)。各被験者において、最も大きなP300を誘発したカードをその被験者が選択したカードとした。このような方法で11名中10名の被験者について、彼らが選択したカードを正しく同定することができた(検出率=.909)。実務検査に移行する前にリハーサルとしてカードテストを導入することは、検査手続きについての被検者の理解を深めることが示唆された。我々は、P300による実務の虚偽検出検査において、カードテストを導入することを勧告する。

The purpose of the present experiment was to examine the usefulness of a card test as a pre-examination procedure in the field practice of detecting deception by using event-related brain potential (ERP). Eleven participants (21-42 yrs old) were asked to choose one of three cards and not to reveal it to an examiner. In the detection phase, the typical oddball paradigm was used for P300 measurement with the chosen card as a target stimulus (presentation probability =.20) and other four different cards as nontarget stimulus (presentation probability =.80). The participants were asked to count the target stimulus presented on a display during the detection phase. EEGs were recorded from Fz, Cz, and Pz. The target stimulus evoked significantly larger P300 than the nontarget stimuli (p<.001). In each participant, a card which evoked the largest P300 was determined as the chosen card. With this manner, ten out of eleven participants were correctly identified their chosen cards (correct detection rate=.909). It is suggested that the use of the card test as a rehearsal would enhance examinee's understanding of a real detection procedure. We recommend the use of the card test in the future filed practice of P300-based detection of deception.

収録刊行物

  • 総合人間科学 : 東亜大学総合人間・文化学部紀要

    総合人間科学 : 東亜大学総合人間・文化学部紀要 4, 53-61, 2004-03

    東亜大学

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006389933
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11548222
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13461850
  • NDL 記事登録ID
    6994333
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-F14
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ