マイクロホン間の振幅比に基づく近傍場音源分離の検討 Study on Separation of Near-Field Sound Based on Amplitude Ratio of Microphones

この論文をさがす

著者

抄録

頭部伝達関数に基づく仮想立体音響再生技術は,実測あるいは合成した聴取者の頭部伝達関数を利用している.この関数の形状は,音源が聴取者の近傍にある場合には,頭部や上半身の反射および回折により,音源が遠方にある場合のそれとは異なる.したがって,臨場感遠隔通信を行う際の送信側では,仮想的な聴取者の位置に対して,近傍に存在する音源と遠方に存在する音源を分離する必要がある.そこで本報告では,少数のマイクロホンを用いて,聴取位置から近傍の音のみを強調する手法を提案する.提案手法では,音源から放射された音の振幅が,距離に反比例して減少するため,音源が近傍に存在する場合は2点間の振幅比が大きいが,遠方の音源に対しては,同じ距離離れていても振幅比が小さくなることを利用する.計算機シミュレーションおよび実験の結果,自由音場ではSN比で8dB程度の音声強調効果を実現できることが判明した.

Head Related Transfer Function (HRTF) for sound sources near a listener are different from those for sound sources far from the listener due to the reflection and diffraction by the listener's head and torso. Therefore, a technique to separate near- and far-field sound is required so as to be convolved with a proper HRTF to realize virtual 3D sound. In this report, such technique with a simple structure consisting of two microphones near a listener is proposed. The proposed technique facilitates the fact that the amplitude of sound wave decreases reciprocally to the distance from the source position. Namely, amplitude ratio measured at two nearby microphones is large if the sound source is close and vice versa. Computer simulations and experiments showed that the proposed method succeeded in enhancing the target speech by about 8 dB in SNR for a free-field condition.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 107(186), 7-12, 2007-08-02

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006391862
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8895214
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ