エネルギー汎関数積分の高次の空間離散化について On a Higher-Order Space-Discretization of the Energy Functional

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石森 勇次 ISHIMORI Yuji
    • 富山県立大学工学部 Department of Liberal Arts and Sciences, Faculty of Engineering, Toyama Prefectural University

抄録

微分方程式に対して,エネルギー汎関数の性質を壊さないような高次の数値計算法を構成する場合,微分程式自身の高次化ではなく汎関数積分の高次化を考慮する必要がある。本論文では,特に1/2((∂q)/(∂x))^2型の空間微分の高次化について議論し,その離散式を与える。

We consider the derivative term of the energy functional integral and propose its discretization with accuracy of higher order.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 17, 1-9, 2007-03-30

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006405421
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    8782939
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ