FDTD法を用いた宇宙機器のEMC対策手法の開発 Development of EMC measurement method against instruments onboard spacecraft with FDTD simulations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 三宅 壮聡 Miyake Taketoshi
    • 富山県立大学工学部情報システム工学科 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Toyama Prefectural University
    • 岡田 敏美 Okada Toshimi
    • 富山県立大学工学部情報システム工学科 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Toyama Prefectural University
    • 石坂 圭吾 Ishisaka Keigo
    • 富山県立大学工学部情報システム工学科 Department of Information Systems Engineering, Faculty of Engineering, Toyama Prefectural University

抄録

人工衛星などに搭載される宇宙機器のEMC対策方法として、FDTDシミュレーションを用いた手法を提案、磁化プラズマを考慮した異方性・分散性媒質を扱えるFDTDコードを開発し、これを用いた宇宙機器のEMC対策について検討を行った。その一例として、火星探査機のぞみに搭載された太陽センサ周辺のモデルを用い、その開口部から放射される電磁ノイズに対する導電性フードのシールド効果を検証した結果、特に外部磁場方向の電界成分に対して15dB程度の高いシールド効果があることがわかった。この方法は宇宙機器のEMC対策方法として、比較的少ないコンピュータリソースで実行可能な現実的で効果的な手法である。

We developed a measurement method of EMC requirement against instruments onboard spacecraft with FDTD simulations. Since the magnetized space plasma is a medium with dipersibility as well as anisotropy, we newly developed a FDTD simulation code which can treat medium with dipersibility as well as anisotropy. In this study, we study about effects of a conductive hood, which was installed as a measurement of EMC requirement against the sun sensor onboard NOZOMI spacecraft, ss an example of the EMC requirement of instruments onboard spacecraft. According to a series of FDTD simulations, this conductive hood is effective to reduce low frequency electromagnetic noise emitted from the sun sensor.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 17, 61-69, 2007-03-30

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006405427
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    8783169
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ