廃水処理施設における硝化細菌の挙動と硝化能力の関連 Relationship between Behavior and Activity of Nitrifying Bacteria in Wastewater Treatment Plants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

異なった処理法を採用している4生物処理施設を菌数と活性の両面から硝化能力を評価し,比較検討を行った。硝化菌の計測のために、FISH(Fluorescent in situ hybridization)法を適用し、アンモニア酸化細菌(AOB)の検出にDNAプローブNso190の適用の最適条件を検討し、ホルムアミド濃度(25%)、超音波分散時間(6分)を確立した。DAPIおよびプローブを用いた測定の結果、全菌、AOBの濃度はそれぞれ、(1.62〜2.21)×10^9、(1.30〜3.54)×10^8(cell/ml)であった。AOBの全菌に占める割合は5.7〜8.1%(平均6.9%)であつた。アンモニア酸化速度に関しては1処理場を除き0.0086〜0.012mg-N/mg-VSS/dとの値がえられ、亜硝酸酸化速度はすべての処理場でアンモニア酸化速度を上回っていた。AOB1細胞当りの比活性は4.53×10^<-4>〜8.99×10^<-4>(pmol-NH_4/cell/h)の結果が得られ、既往の研究結果より低い値が得られたためその原因について考察した。

Abundance and activity of nitrifying bacteria in sludge collected from four biological wastewater plants were investigated by using Fluorescent in situ hybridization (FISH) and nitrification experiments.Total cells and ammonia oxidizing bacteria(AOB)were detected with DAPI-staining and Nso190 prove respectively. The cell enumeration suggested that the sludge contained 1.30×10^8-3.54×10^8cell/ml of AOB, giving the presence ration of total cells at 5.7-8.1%. The rate of ammonia oxidation by sledges were between 0.0086〜0.012mg-N/mg-VSS/d with one exception and the nitrite oxidation rate were greater in all treatment plants.The specific activity of AOB raged from 4.53×10^<-4> to 8.99×10^<-4>(pmol-NH_4/cell/h). The relatively low activity of AOB compared to those of reported values were discussed.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 17, 93-97, 2007-03-30

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006405430
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    8784756
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ