富山県西部丘陵地第三紀泥質岩の理工学的性質に関する考察 : 特にコンシステンシー・粘土量・スレーキング A Research on the physical and Mecanical Properties of Tertiary Mudstone at the West Landslide Area In Toyama : Especialiy Consistency Limit, Activity and Slaking Factor due to Clay Content

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 荒井 涼 ARAI Ryou
    • 富山県立大学短期大学部環境システム工学科 Department of Environmental Systems Engineering, College of Technology, Toyama Prefectural University

抄録

特に固結度の強い泥質岩(土)の泥弱化現象を解明するためには,細粒土の2μm以下の粘土量を精度良く求める必要がある.このファクターを泥質岩(土)のコンシステンシー限界・粘土活性度・スレーキング要因などと関連づければ,泥弱化機構を解明するための有力な一進捗になるものと考える.通常の粒度試験方法では,その値が曖昧である,また泥質岩(土)の物理性においても曖昧な内容が少なからずある.本報告では,粒度分析法を応用して新たに2μm以下粘土量を精度良く求める方法を考えた.その手法を用いて泥質岩(土)の粘土量と他の理工学的性質を若干関連づけた基礎的内容のものである.

Compare to the previous method of grain size analiysis, we need to measure accurately clay content which is below 2μm sieve passing as a method to find out a change of properties by weathering of Tertiary mudstones. If we can find out how to relate effectively practical clay content with consistensy limit, activity, slaking factor, and other physical and mechanical properties, We can understand the mechanism more deeply between weathering and change of properties of Tertiary mudstones. The problem is the ordinary grain size analysis itself, because it still has a obscure point about measuring. In this reseach, the author finds out more accurate clay content below 2μm passing, and then, reports about the basic physical and mechanical properties of mudstone by using of that method.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 17, 98-102, 2007-03-30

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006405431
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    8786059
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ