ランドサットデータを用いた都市域の気温と土地被覆との関連性 A study on the relationships between temperatures and land-cover characteristics in urban area using LANDSAT TM data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 天野 智順 AMANO Norimasa
    • 富山県立大学短期大学部環境システム工学科 Department of Environmental Systems Engineering, College of Technology, Toyama Prefectural University
    • 中川 敬介 NAKAGAWA Keisuke
    • 富山県立大学短期大学部環境システム工学科 Department of Environmental Systems Engineering, College of Technology, Toyama Prefectural University

抄録

都市の熱環境に関わる問題はますます重要性を増しており、気温上昇と周辺の土地被覆特性には深い関わりがあると考えられ、土地被覆状況による気温特性について定量的に検討する必要がある。本研究ではリモートセンシングデータより得られた地表面温度データや土地被覆データを用いて、地表面温度・土地被覆・気温の3つの特性の関連を定量的に分析した。その結果、都市的土地被覆比率が多い地域ほど地表面温度および気温が比例して高くなることを明らかにした。また気温が上昇するかなりの部分が地表面温度の影響であり、その周辺の土地被覆特性が気温に影響する範囲はおおよそ半径300〜400m程度であることが明らかになった。

It is understood that a rise of temperature in cities is closely related to the neighboring land-cover characteristics, and it is necessary to examine temperature characteristics by land-cover characteristics quantitatively. This study uses land surface temperatures and land-cover characteristics obtained from the Landsat TM data and also uses temperatures obtained from the meteorological observatories. This study analyses the three characteristics quantitatively. As a result, it has been showed that the temperature proportionally rises higher in the region where more city land-cover ratios exist and that the range where the neighboring land-cover characteristics which influences temperatures is around radius of 300〜400 meters.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 17, 108-113, 2007-03-30

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006405433
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    8786102
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ