視覚思考支援による将棋問題解決過程への影響 The Effects on Problem Solving Processes of SHOGI by Using a New Visual Representation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来、人間の問題解決において、問題を解くために、色々な図を描いたり道具を使ったりするような、様々な別の表現を持っていることが問題解決に有効に働くことは指摘されてきた。本稿では、思考支援を促すために、将棋の駒の効きを視覚的に示す新しい表現を提案する。我々は、この新しい表現をコンピュータ上で実現し、4つのレベル(初心者、初級者、中級者、上級者)の将棋プレーヤーにこのシステムを使わせて、思考過程に与える影響について調査した。その結果、初級者が最もこのシステムを積極的に利用しようとする過程が見られ、システムに対する評価も高かった。

It is known that the problem solver who has various kinds of representations of the problem like diagrams gains the advantage to solve it. In this article, we propose a new visual representation on SHOGI that shows on colors the move of pieces of a position. We realized this system on computer to examine how four levels of players (beginners, novice, middle-grade and expert) use it and how they are influenced by using it. As the result, novice players took a most positive attitude about this system and they prized it most highly.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学]

    情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学] 99(53), 1-5, 1999-06-24

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006407469
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11362144
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    5337732
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ