米の天日干し及び熱風式機械乾燥の乾燥手法の差異が品質に及ぼす影響 Influence of the drying methods by sunlight and hot air on the quality of rice

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

天日干しと熱風乾燥の乾燥手法の差異が品質に及ぼす影響を検討した。官能検査では,総合,味および硬さの3項目において,天日干しは熱風乾燥と比べ,有意に優れることが評価された。炊飯品質では,天日干しは熱風乾燥より,食味スコア等の5項目において品質指標が向上する傾向を示した。糊化特性は,天日干しは熱風乾燥と比べて,糊化開始温度が低く,最高粘度は高かった。電子顕微鏡では明確な差の断定には至らなかったが,天日干しと熱風乾燥の澱粉粒の形状の違いが膨潤性に影響している可能性が考えられた。これらのことから,本条件下では,天日干しは熱風乾燥を上回る米の品質を具備している可能性が示唆され,米本来のおいしさを損なわない乾燥処理に起因すると推察した。

The influence of the drying methods by sunlight and hot air on the quality of rice was examined. A five-point palatability evaluation of the two methods was conducted by comparing the cohesiveness, taste and three factors of hardness. Cooked rice quality was better by sunlight drying than by hot-air drying from the five-point palatability evaluation. The gelatinization temperature was lower for sunlight drying than for hot-air drying due to the higher maximum viscosity. There was no clear difference in ESEM values, but there was the possibility that a difference in the shape of a starch grain due to drying method influenced the swelling characteristics. These results indicate the superior quality of rice that had been dried in sunlight because of better retention of the original taste.

収録刊行物

参考文献:  15件

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006419300
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10471022
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13411535
  • NDL 記事登録ID
    8985541
  • NDL 雑誌分類
    ZE16(社会・労働--家事・家政--学術誌)
  • NDL 請求記号
    Z6-1906
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ