マレーシアサラワク州バリオ高地に群生する食虫植物Nepenthes pitcher plantから採集されたTopomyia属の新種について A new mosquito of the genus Topomyia (Diptera, Culicidae) from a Nepenthes pitcher plant in a Bario highland of Sarawak, Malaysia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宮城 一郎 MIYAGI Ichiro
    • Laboratory of Mosquito Systematics of Southeast Asia and Pacific, co Ocean Health Corporation:Laboratory of Medical Zoology, School of Health Science, Faculty of Medicine, University of the Ryukyus

抄録

マレーシア,サラワク州のバリオ高地(標高1,200m)で採集した標本をもとにギンモンカ属1種の成虫,蛹,幼虫の記載を行うとともに,図や写真で特徴を示した.本種の幼虫は食虫植物Nepenthes stenophyllaから初めて発見され,Topomyia nepenthicolaと命名された.幼虫は捕食性で,顕著に発達した口器(maxilla,mandible)を有する.

A new species, Topomyia (Suaymyia) nepenthicola, is described from a Bario highland in Sarawak, Malaysia. The adult male and female, pupa and larva are described in detail and illustrations of the male genitalia, pupa and larva are provided. The larva of To. nepenthicola breeds in the pitcher plant, Nepenthes stenophylla. It has conspicuous maxilla.

収録刊行物

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006436714
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00021948
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04247086
  • NDL 記事登録ID
    8972258
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ