臨床免疫学におけるFluorescence Activated Cell Sorter (FACS)の応用(話題)  [in Japanese] Application of Flurescence Activated Cell Sorter (FACS) for Clinical Immunology(TOPIC)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

Fluorescence activated cell sorter (FACS)を利用して,ヒトの末梢リンパ球の免疫学的分析の試みを行った。ヒトのT細胞を細分類するマーカーとしてFcリセプターや,脳と関連したT細胞抗原(BAT ; brain associated Tcell antigen),自己免疫疾患の患者血清中に存在するNTA(natural thymocytotoxic autoantibody)と反応する抗原などを指標とした。各種自己免疫疾患の患者や,癌患者の末梢T細胞の質的変動を上述のマーカーを指標として調べた結果,正常人の末梢T細胞と比較し,質的に著るしい変化が観察された。また,上述のマーカーに対する抗体とFACSを利用して,T細胞性の腫瘍(白血病など)の表面抗原の検索を行い,ある種(Sezary症候群など)のT細胞性の腫瘍に特徴的な抗原を見い出した。

Journal

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006442744
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00142148
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03035476
  • NDL Article ID
    1969194
  • NDL Source Classification
    SC281;SC211
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-499
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top