F0モデルを用いた日本語対話における韻律と話者交替の分析 Analysis of Turn-taking and Prosody in Japanese dialogue using F0 model

この論文をさがす

著者

抄録

音声対話における話者交替と発話の韻律情報との関連性を分析する.先行研究において,発話の平均モーラ長やパワー,F0パターンなどの韻律情報からその発話後に発言権が交替するか継続するかを,ある程度の精度で予測可能であるという結果が得られていた.本研究ではF0の情報をより有効に表現するために,従来研究で使われていた直線近似から算出されたF0パラメータに代えて,F0モデルより算出されたF0パラメータを用いる.F0モデルのパラメータは遺伝的アルゴリズムによるA-b-S法を用いた自動推定により算出した.また,話者交替/継続の判別には先行研究と同じく決定木を用いた.その結果,判別精度に約2%程度の向上が見られた.

We analyzed the relations between prosody and turn-taking in dialogue speech. In the preceding research, turn-taking was able to predicted by prosodic information such as average duration of morae, power spectrum and F0 contour. In this research, we use F0 parameters calculated by F0 model replaced with F0 parameters by line fitting in discriminant analysis, to use F0 information more effectively. The F0 model parameter automatically calculated from A-b-S by genetic algorithm. And we use tree class analysis to analyze turn-taking. As a result, discriminant accuracy rise about 2%.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 107(282), 25-30, 2007-10-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006449173
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9256340
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ