Brain-Machine Interface (BMI)研究開発のための倫理とガバナンス : 日米における取り組みの現状と将来展望(一般(高次機能),脳インタフェースの技術と応用,一般) Ethics and Governance of Brain-Machine Interface : Current and Future Visions in Japan and US

この論文をさがす

著者

    • 福士 珠美 FUKUSHI Tamami
    • 独立行政法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター Research Institute of Science and Technology for Society Japan Science and Technology Agency
    • 佐倉 統 SAKURA Osamu
    • 独立行政法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター:東京大学大学院情報学環 Research Institute of Science and Technology for Society Japan Science and Technology Agency:Interfaculty Initiative in Information Studies, University of Tokyo

抄録

脳科学研究は,脳神経系の機能と構造の解明という基礎研究,そして脳神経系疾患の発症メカニズムの解明と治療という臨床研究に主眼が置かれてきたが,近年,機械工学・情報通信技術との発展的融合が進んでいる.内閣府イノベーション25戦略会議の長期戦略指針「イノベーション25」において,Brain-Machine Interface(脳-機械インターフェイス,以下BMIと略す)を中心とした応用研究の推進が盛り込まれた他,文部科学省研究振興局においても「脳科学研究の推進に関する懇談会」が開催され,「脳に学ぶ(脳内情報の解読と機器接続の技術開発)」が重点的に研究を推進すべき領域として取り上げられている.本稿では日本における当該研究の推進をめぐる倫理対応の現状について紹介した後,米国における関連国際会議から示唆された今後の展望について考察を加えたい.

Neuroscience research has been developed by basic biology, physiology as well as clinical observations/experiences. In recent years, neuroscience is getting integrated with mechanics and information technology. The Japanese Government regard Brain-Machine Interface (BMI) as one of the important strategic plans in the national guideline of the technology in future, "Innovation 25", and the Ministry of Education, Culture, Sports, Science & Technology held the committee of advancing the brain science research. In this article, we first introduce the ethics of BMI in Japan, and then discuss the future direction based on the result of the conference "Implanting Changes : the Ethics of Neural Prosthetics" held in the United States.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 107(263), 59-62, 2007-10-11

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006452958
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9257705
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ