Moodleを利用した論文査読システムの試み Experimental Peer Review System using Moodie

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

情報教育シンポジウムSSS2007では、Moodle を利用して、シンポジウムの論文投稿受け付け、査読、査読結果発表、印刷論文の原稿収集、発表者への連絡などを行なった。本発表では、そのために行なった作業、特に、Moodle を利用した場合の長所・短所について述べる。In the symposium SSS20O7 of IPSJ-CE, we used the LMS "Moodle" for submissions of papers, notifications of the acceptances or rejects, collections of the camera-ready prints, and contacting to the speakers. In this report, we describe an experimental peer review system using Moodle. Also, we describe the merit and the weak point of Moodle-based peer review system.

In the symposium SSS2007 of IPSJ-CE, we used the LMS "Moodle" for submissions of papers, notifications of the acceptances or rejects, collections of the camera-ready prints, and contacting to the speakers. In this report, we describe an experimental peer review system using Moodle. Also, we describe the merit and the weak point of Moodle-based peer review system.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE)

    情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE) 2007(101(2007-CE-091)), 95-102, 2007-10-06

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

  • <no title>

    井上博樹

    Moodle 入門-オープンソースで構築するeラーニングシステム, 2006

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006457340
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096193
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    9255126
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ