水平面上の頭部伝達関数の距離依存性の数値的検討 Numerical study on source distance depencency of the head-related transfer functions on the horizontal plane

この論文をさがす

著者

抄録

水平面上の頭部伝達関数の距離依存性について数値解析を用いて詳細に検討した。レーザスキャナとMicro CTスキャナを用いて得られた頭部コンピュータモデルに境界要素法に基いた数値解析を適用し,3.0m以下の距離に配置された点音源及び面音源に対する頭部伝達関数を算出した。頭部中心だけではなく外耳道入口を原点とした座標系にしたがって音源距離及び方向を変化させることで,頭部伝達関数のスペクトル特性の比較を行った。その結果,受聴耳側の音源に対する頭部伝達関数の距離依存性は主に外耳道入口への入射角の変化によること,受聴耳と反対側の音源に対する頭部伝達得関数の距離依存性は頭部の影響によることが明らかになった。また,耳介の襞の裏側に音源がある場合には遠方の音源に対しては見られないディップが生じるなど,耳介の極めて近傍のHRTFの特性が明らかになった。

収録刊行物

  • 日本音響学会誌

    日本音響学会誌 63(11), 646-657, 2007-11-01

    一般社団法人日本音響学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006473901
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694232
  • NDL 記事登録ID
    9260202
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ