LHC計画 : 最高エネルギーのビームで最極微の世界を探る LHC Project : Exploring the Smallest World with the Highest Energy Beam

この論文をさがす

著者

抄録

CERNで建設中のLHC加速器はもうすぐ完成し物理実験が始まる.これにより人類史上で初めて1 TeVのエネルギー領域を探索することが可能になる.素粒子のより基本的な姿を研究する上で,この1 TeV領域を探索することが特別に重要であるとする明確な理由が存在する.標準モデルの中で唯一の未発見の粒子として残っているヒッグス粒子はほとんど確実にLHC実験によって発見される.さらに超対称性粒子の発見など,標準モデルを超える新しい素粒子物理の兆候を捕らえる可能性も非常に高い.暗黒物質の発見もありうる.ここでは小特集のイントロダクションとして,LHC計画の目的や経過を概説した上で,LHC加速器と四つの実験の紹介,および日本によるLHCプロジェクトへの国際協力参加の現状を述べる.

The LHC accelerator at CERN will be completed soon and the experiments are about to start, making it possible to explore the TeV energy region for the first time in human history. There exists a clear reason why the TeV region is especially important for experimental exploration. The Higgs particle, the last elusive element of the Standard Model, will be discovered with very high probability. In addition there are high chances to discover signs of new physics beyond the Standard Model such as SUSY particles. Dark matter may be discovered. As an introduction of the mini-special issue for LHC, its goals and history is briefly reviewed, followed by a description on LHC accelerator, four LHC experiments as well as the contributions by Japan.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌

    日本物理學會誌 62(12), 907-915, 2007-12-05

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006475281
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    9282896
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ