素粒子物理学の進展とLHC(<小特集>LHC実験が始まる) Development in Particle Physics and the Role of LHC(Dawning of the LHC era)

この論文をさがす

著者

抄録

20世紀後半の素粒子物理学の成果としては,自然界の基本相互作用のうち,重力以外の3つがスピン1のゲージボソンによる力として理解できるようになったことが最も重要であろう.しかしその裏では,素粒子の質量の起源となる未知の相互作用の存在が不可欠である.この最も簡単な可能性としては,標準模型のヒッグス場があり,その正否の検証はLHCにおける物理の主要目的の1つである.また,LHCのエネルギー領域には,それ以外にも新しい現象が潜んでいると想定され,理論的には超対称性をはじめとする多彩な可能性が考えられている.

Our understanding of the fundamental forces in Nature has developed to such a stage that all but one (gravity) of the known interactions can be understood as those mediated by spin-one gauge bosons. On the other hand, generation of the mass of elementary particles requires the existence of yet unknown interactions, the simplest possibility being the Higgs sector of the Standard Model. One of the most important physics aims of LHC is to test if this idea is correct. Other new phenomena are expected to lie in the LHC energy region. Supersymmetry is one of the most attractive candidates among various theoretical ideas of new physics at the LHC.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌  

    日本物理學會誌 62(12), 916-922, 2007-12-05 

    一般社団法人日本物理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006475282
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    9282911
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ