ヒッグス粒子と新粒子をとらえる(<小特集>LHC実験が始まる) Hunting for Higgs and Supersymmetry at LHC(Dawning of the LHC era)

この論文をさがす

著者

抄録

素粒子物理学が直面している大きな問題として次の二つが挙げられる. 1)基本量である物質の「質量」の起源がいまだに解明されておらず,その鍵を握ると考えられている「ヒッグス粒子」が発見されていない. 2)標準模型は不完全で,より高いエネルギーでは適用できないが,次の段階へ進むべき実験的な指針(「標準模型を超える新しい素粒子現象」)がない.これらを解決することがLHCの目的である.どのように新現象の信号をとらえ,どのような成果が期待できるかをまとめる.

They are urgent and most important topics of the particle physics to understand "the origin of mass" and to discover "new physics beyond the standard model". These are main purpose of LHC project, and ATLAS and CMS collaborations have enormous potential to discover Higgs boson(s) and Supersymmetry, if they exist at a mass scale less than about 1 and 3 TeV. Phenomena with the extra dimension (Graviton emission and mini-Black hole) will be observed, if the compactification scale is less than several TeV. This note is focused on these three major topics, and methods and discovery potentials are summarized.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌  

    日本物理學會誌 62(12), 922-929, 2007-12-05 

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  21件

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006475283
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    9282920
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ