LHCが開拓した技術 : データ処理とソフトウエア(<小特集>LHC実験が始まる) Technologies Which LHC Blazed a Trail : Data Processing and Software(Dawning of the LHC era)

この論文をさがす

著者

抄録

LHC実験は測定器に対してだけではなく,観測されるデータの収集処理,解析に対しても非常にきびしくチャレンジングな技術を要求する.膨大なデータ解析のインフラを実現するためにコンピューティンググリッド技術が採用され,世界各国百数十に及ぶサイトの数万台の計算サーバ,数十ペタバイトの記憶装置が接続され,あたかも単一の計算システムのように運用される.また,データ処理,解析のソフトウエア開発には過去に高エネルギー加速器実験で用いられていた伝統的手法を一新するオブジェクト指向技術が採用されている.この技術をもとに開発されたソフトウエアである測定器シミュレーションGeant4はLHC実験だけにではなく,さまざまな研究分野で用いられている.本稿では,これらの技術について解説するとともに,その開発が他の研究分野へ及ぼした波及効果について述べる.

LHC experiments demand cutting edge technologies not only for constructing a detector but for preparing computing and software of data taking and analysis. The computing grid technology has been employed to realize the computing infrastructure for LHC data analysis. The grid provides an environment where various computing resources around the world are so coordinated that they can be used as if there is a single virtual computing system. For constructing the software system of data processing and analysis the object-oriented technology has been employed. The Geant4 simulation package developed on the base of this technology is now used widely both in high energy physics and other research domains. In this article these cutting edge technologies LHC has opened up for the research field of high energy physics are introduced and also their impact to other research domains is explained.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌  

    日本物理學會誌 62(12), 942-948, 2007-12-05 

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  32件

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006475286
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    9282963
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ