1I-07 だ液のはたらきを調べる実験の工夫 : 中学校理科2分野(生物教材・教育法,一般研究発表(口頭発表),日本理科教育学会第57回全国大会)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

だ液のはたらきを調べる実験方法については、長い間いろいろな工夫がなされ、どの中学校でも実施率が高い実験の1つである。これまでの問題点の1つとして、だ液がスムーズにとれないという点があったが、綿棒を口に含んでとる方法や適度な大きさに切った濾紙を口に含んでとる方法などが発表されている。本研究は、だ液のはたらきを調べる実験方法にさらに工夫を加え、より簡単に生徒実験を行う方法を考えた。

収録刊行物

  • 日本理科教育学会全国大会要項   [巻号一覧]

    日本理科教育学会全国大会要項 (57), 145, 2007-08-04  [この号の目次]

    日本理科教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006476456
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11395813
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ