関数部分知識と匿名性検証(理論,数理的技法による情報セキュリティ,<特集>平成19年研究部会連合発表会) Partial Knowledge of Functions and Verification of Anonymity(Theory, Formal Approach to Information Security, <Special Issue> Joint Symposium of JSIAM Activity Groups 2007)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 真野 健 Mano Ken
    • NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTT Communication Science Laboratories, NTT Corporation
    • 萩谷 昌己 Hagiya Masami
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科:NTTコミュニケーション科学基礎研究所 Graduate School of Information Science and Technology, University of Tokyo:NTT Communication Science Laboratories, NTT Corporation

抄録

マルチエージェントシステムの枠組みを用いて,セキュリティプロトコルにおける暗号関数の部分知識を定式化し解析する手法を提案する.具体的には,暗号関数の解釈がランごとに異なるモデルを考え,能動的攻撃者の下での電子投票プロトコルの匿名性と耐買収性を定式化し検証する手法を提案し,本手法が実際的なプロトコルにも適用できることを述べる.また,本手法の計算論的正当化についても論じる.

This paper proposes a method for formalizing and analyzing a partial knowledge of cryptographic functions within the runs and systems framework of multi-agent systems. We consider a multi-agent system where the interpretation of the cryptographic functions may vary from run to run. In this new model, we formalize the anonymity and coercion-resistance of electronic voting protocols in the presence of active adversaries, present a method for verifying these properties, and apply it to a practical electronic voting protocol. We also discuss computational justification for the method.

収録刊行物

  • 日本応用数理学会論文誌

    日本応用数理学会論文誌 17(4), 559-576, 2007

    一般社団法人 日本応用数理学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006532086
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10367166
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172246
  • NDL 記事登録ID
    9333787
  • NDL 雑誌分類
    ZM31(科学技術--数学)
  • NDL 請求記号
    Z15-727
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ