地方自治体ウェブサイトの行間余白と読みやすさ Line spacing and Legibility in a Local Government Web Site

この論文をさがす

著者

抄録

ウェブアクセシビリティを確保する有効な手法の一つに,表示スタイルを文書構造と分離し,外部スタイルシートでレイアウトを制御する方法がある.読みやすさという言葉には,視覚的・理解的の2種類の意味が含まれているが,行間余白はこのうち前者に対して大きな影響を及ぼす.本研究では,外部スタイルシートから行の高さが制御されているHTML文書の読みやすさについて主観評価基礎実験を行うとともに,一定の観測条件のもとでの行間余白と日本語文章の読みやすさ評価値について試算を行い,行間余白と読みやすさの関連性について考察を加えた.

One of the most effective methods for keeping up with web accessibility is to separate the cascading style sheets from the structured HTML documents on the web and design the web pages by the cascading style sheets. "Readability" means both visual legibility and reading comprehension. Line spacing has a great influence for the former. In this research, the authors made a subjective basic experiment for the structured HTML documents designed by the cascading style sheets and made a trial calculation of the legibility valuation under a fixed visual condition to study the relations between line spacing and web legibility.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OIS, オフィスインフォメーションシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. OIS, オフィスインフォメーションシステム 107(348), 43-48, 2007-11-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006534111
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11651720
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9295780
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ