小説における文体印象解析の試み  [in Japanese]

    • 望月 朝香
    • 名古屋大学大学院情報科学研究科複雑系科学専攻
    • 鈴木 泰博
    • 名古屋大学大学院情報科学研究科複雑系科学専攻

Access this Article

  • CiNii Fulltext PDF

    Open Access

Search this Article

Abstract

文章を読んだ後に「著者らしい雰囲気のする文章だった」と感じる経験はよくある。この目に見えない「雰囲気」、即ち作者特有の文体印象について、小説のテキストデータを数量化し分析することで考える。文体印象を醸し出す要素は様々考えられるが、本研究では(1)「句読点の分布」(2)「読みでの文字数」(3)「文章表現方法・多頻出言語」の3項目に着目する。句読点の使い方に著者特有の文構造が、読みでの文字数では頭の中のリズム、文章表現方法・多頻出言語から著者の愛用語や単語使用方法の癖が現れ、文体印象の要素となるためである。本論文では作者の特徴の抽出に相当する(1)と(2)について行う。かかる特徴付けを行い文体や作家の雰囲気を数量化することで、雰囲気を用いた文献検索を可能にし、また作者不詳の歴史文献の作者特定へ応用することが可能である。

Journal

IPSJ SIG Notes   [List of Volumes]

IPSJ SIG Notes 2007(128), 179-182, 2007-12-20  [Table of Contents]

Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  6

You must have a user ID to see the references.If you already have a user ID, please click "Login" to access the info.New users can click "Sign Up" to register for an user ID.

Codes

  • NII Article ID (NAID) :
    110006595423
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID) :
    AN10505667
  • Text Lang :
    JPN
  • Article Type :
    ART
  • ISSN :
    09196072
  • NDL Article ID :
    9332954
  • NDL Source Classification :
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No. :
    Z14-1121
  • Databases :
    CJP  NDL  NII-ELS