5729 縦割り所有型集合住宅における空間利用と経年変化に関する研究 : その1 九段下ビルを事例として(2)(集住環境の変容プロセス,建築計画II) 5729 The use of space and transition of plan in the on-site type multiple dwelling house : Part1 Case study of KUDANSITA BUILDING

この論文をさがす

著者

    • 加賀谷 哲朗
    • 東京理科大学理工学研究科修士課程 Graduate School of Science and Technology, Science Univ. of Tokyo
    • 初見 学
    • 東京理科大学理工学部建築学科 Dept. of Architecture, Science Univ. of Tokyo
    • 須田 眞史
    • 国立医療・病院管理研究所 Dept. of physical and design. National institute of health service management

収録刊行物

  • 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育

    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育 2001, 345-346, 2001-07-31

    一般社団法人日本建築学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006597304
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487033
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    会議資料
  • ISSN
    13414526
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ