ラウドネスを指標とした音声ミキシングバランスに関する調査 Investigation of the Audio Balance Control based on the Loudness Level

この論文をさがす

著者

抄録

ナレーションと背景音のミキシングバランスに関してミキサーを評定者とする主観評価実験を行った.ナレーションと背景音のラウドネス(音の大きさ)の差を用いて検討し、「情報系の番組」に適正なラウドネスの差を算出した.また算出結果を利用し、ナレーションと背景音のバランスのよしあしを客観評価して表示する装置を試作した.

We conducted the subjective evaluation test of the TV program audio balance between narration and BGM (Back Ground Music). The test was participated by audio engineers. We measured and analyzed the loudness level of the narration and BGM. We determined the appropriate loudness level difference between narration and BGM on information TV programs. We developed the objective evaluation result display equipment that showed the good loudness difference of the TV program narration and BGM.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 107(436), 37-42, 2008-01-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006622868
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9376248
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ