臨床現場におけるエンゼルケアの実態  [in Japanese] A study of the actual state of care after death in clinical settings  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

エンゼルケア研修会に参加した看護職42人を対象に、エンゼルケアに関する質問紙調査を実施し、33人からの回答を得た。結果として、エンゼルケアに関して「家族の意向を聞いて希望があれば家族とともに行なっている」78.8%、手順については「セイフティーキットを使用し、綿を詰めない」21.2%であった。エンゼルケアの際の儀礼については、「死化粧をする」100%、「着物を左前合わせにする」97.0%、「着物のひもを立て結びにする」97.0%、「手を胸元で合掌させる」93.3%と、9割以上の看護職が実施していた。また本人、家族の希望をとりいれた様々な衣服を着せるなどのケアを行なっていることがわかった。

Journal

  • Archives of Yamaguchi Prefectural University

    Archives of Yamaguchi Prefectural University 1, 39-42, 2008-03-31

    Yamaguchi Prefectural University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006650349
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12309012
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18826393
  • NDL Article ID
    9493725
  • NDL Source Classification
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学) // ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL Call No.
    Z74-F866
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top